blog

無添加住宅で空気を考える

 

呼吸は生きるために、絶対に必要なことです。自然豊かな山などを訪れたとき、空気がきれいで気持ちがいいなと感じることがあると思います。また排気ガスなどの多い場所に行くと、空気の汚れに思わず呼吸をすこし止めてしまうことも。

 

日ごろ空気環境についてじっくり考えることは少ないかもしれません。でも日々、たくさんの空気を体内に取り入れていることを思うと、毎日長い時間を過ごす室内の空気についても気になりませんか?今日は、空気について考えてみたいと思います。

 

1. 添加物を加えない、使わない、ということ。

 

無添加とはいったいどういうことなのでしょうか。オーガニック、ナチュラル、自然素材、天然由来。さまざまな言葉が並んでいますが、実際はよく分からないというのが正直なところではないでしょうか。

 

「無添加住宅」は、きになる添加物を徹底的になくしています。「食べられるほど安全」な建材を使用し、健康な家を実現させました。例えば、化学接着剤に代わるものとして、米から作られた「米のり」を、また建具やフローリングには、薬剤処理を施していない無垢材を使用しています。壁もビニールクロスではなく、石灰岩を主成分にしたしっくいなどを使います。

 

また建材は使うだけでなく、その原材料の調達から加工、輸送などの全工程を管理し、安心安全を確保しています。

 

2. 建材を選ぶことが、空気の選択につながる。

 

冒頭でお話した通り、人は呼吸なくして生きていくことはできません。呼吸には空気が必要です。空気を選ぶことは、健康的な暮らしのためにとても重要です。室内の空気汚染の主な原因は、ハウスダストや建材から放散される化学物質(揮発性有機化合物)などがあげられます。

 

ハウスダストの除去は換気や掃除で解消できますが、化学物質はリフォームなどで取り除かない限りは空気を汚し続けてしまいます。そこで大切なのは、家を建てる段階で健康を害さない建材を選ぶことなのです。

 

3. 数値で見る空気

 

健康で快適な生活のために「室内の空気の質」をよくする必要があります。しかし目に見えない空気は、言葉で説明しても分かるものではありません。そこで無添加住宅では、より分かりやすくお客様に空気の安全性をご理解いただくために「数値化」しています。愛媛大学と共同で、見えない空気の見える化を実現しました。

 

まとめ

 

飲食物よりも体内に取り込む量の多い「空気」。人が1日に吸う空気は約21㎏、飲食物の約7倍だそうです。室内の空気環境が健康的な生活を育む、重要なポイントであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

毎日の暮らしで大切なきれいな空気。無添加住宅で叶えてみませんか?

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK