blog

自然素材の家で選ばれるパインの無垢フローリングの魅力

パインの無垢フローリングは、全体的に白く明るい材質の中に、節が多く並ぶため、可愛らしい雰囲気の部屋にしたい場合に向いています。とくに、女性から絶大な支持を集めています。

 

しかし、パインの無垢フローリングには、他にもさまざまな特徴があるのです。この記事では、パインの無垢フローリングの魅力について分かりやすく解説します。

可愛らしい雰囲気を演出できる

パイン材は、白く明るい材質で、節が多く並びます。そのため、可愛らしいテイストやナチュラルなテイストの部屋との相性が良いです。注文住宅を建てる際に、奥様から絶大な人気を誇る無垢フローリングとして、パイン材が挙げられます。

高い調湿効果がある

パインの無垢フローリングは、高い調湿効果を持っています。寒い冬に、床がヒンヤリする感覚を抑えられたり、夏に素足で歩いてもベタベタしたりしません。

 

また、熱伝導率が小さいため、触れていれも体内の熱が奪われることもないため、夏も冬も快適に過ごすことができます。

良い香りがする

パインには、フィトンチッドと呼ばれる精油成分が含まれているため、良い香りがします。

 

フィトンチッドの中には、a-ピネンが含まれており、森林特有のリフレッシュ効果をもたらします。どこか懐かしさを感じる安心感と心地よい香りがすることが大きな特徴です。

柔らかい素材

パイン材は柔らかい素材で、フカフカとした踏み心地が気持ちいい無垢フローリングです。そのため、転倒した際などに衝撃を吸収してくれます。

 

このような性質を持っているため、子供部屋や足腰が弱い高齢者が住む居室にパインの無垢フローリングが採用されることが多いです。

反りが出ることがある

パイン材は柔らかくて調湿効果に優れていることが魅力となっていますが、調湿作用によって反りが出たりすることもあります。

 

これを、自然素材の特有のものと捉えられる方もいれば、反りが気になるという方もいます。そのため、神経質な方であると反りが気になってしまうかもしれません。

まとめ

今回は、パインの無垢フローリングの特徴について解説しました。ナチュラルな雰囲気や可愛らしい雰囲気との相性が良く、高い調湿効果、柔らかい素材で肌触りが良いことから、無垢フローリングでも人気を誇ります。

 

パイン材を選ぶ場合は、調湿作用による反りが発生することを理解して、無垢フローリングに採用してみてくださいね。

 

ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK