blog

無添加住宅のメンテナンス方法を分かりやすく解説-内装編-

無添加住宅はメンテナンスフリーの注文住宅として知られています。しかし、壁や床に汚れや傷が付いてしまうこともあるでしょう。このような汚れや傷が付着した場合は、どのようなメンテナンスをすれば良いのでしょうか?この記事では、無添加住宅の内装のメンテナンス方法について分かりやすく解説します。

無添加住宅のメンテナンス方法:無垢床

空気が乾燥する冬場は、床板と床板の間に隙間が空きますが、梅雨時期になると元に戻ります。ホットカーペットや床暖房・温風暖房器具の使用時にも隙間が空くことがありますが、元に戻るので気にしなくても大丈夫です。

また、無垢床の汚れが気になる場合は、石鹸を使用して洗い落としてください。雑巾で泡立てて、拭き取るだけで汚れが落とせるはずです。

無添加住宅のメンテナンス方法:石材フロア

玄関などの石材フロアには、酸性の洗剤や薬品を使用しないでください。また、石材用ワックスはピカピカに見えますが、長期的に見ると汚れが重なって汚く見えるため、おすすめできません。石材フロアが汚れた場合は、デッキブラシで水洗いしてください。また、落ちにくい汚れが付着した場合は、高圧洗浄機をかけることで汚れを落とすことができます。

無添加住宅のメンテナンス方法:ガラスブロック

ガラスブロック周りのシーリング部分は劣化してしまうため、5年~10年毎に点検をしてください。劣化が進んだシーリングは取り除き、新しいものに交換することで補修できます。(※シーリングが劣化しても雨漏れすることはありません。)

無添加住宅のメンテナンス方法:キッチン

キッチンのシンクなどのホーロー製品の水垢は、メラミンフォーム系スポンジで磨くだけで汚れが落とせます。磨いても汚れが落ちにくい場合は、水気を拭き取ってから、プラスクリーナーをつけてこすってください。

まとめ

今回は、無添加住宅の内装のメンテナンス方法をご紹介しました。天然素材でつくる無添加住宅は、基本的にメンテナンスフリーで済みます。汚れが気になる部分があれば、軽く吹けば汚れが落ちることも無添加住宅の魅力となっています。そのため、メンテナンスフリーの住宅に住みたいとお考えの方には無添加住宅がおすすめです。

オノブンの家では、メンテナンスフリーの無添加住宅を実際に体験していただけます。ぜひ、興味がある方は、遊びにきてくださいね♪

 

ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK