blog

家族の健康のために知っておきたい無添加住宅の健康住宅の魅力

さまざまな住宅会社がありますが、家族が健康で暮らせる家も1つの候補として考えてみてください。ここでは、注文住宅を建てる上で知っておいてほしいシックハウス症候群と無添加住宅(健康住宅)の魅力について分かりやすく解説します。

シックハウス症候群は突然やってくる

注文住宅で使用した建材には揮発性化学物質が含まれており、この化学物質を吸い込んでしまうと、目がチカチカしたり頭痛や吐き気がしたりします。このような症状をシックハウス症候群といいます。

 

これまで、シックハウス症候群を発症した経験がないからと安心してはいけません。シックハウス症候群になる可能性は誰にでもあります。新建材に含まれる発揮性化学物質で、化学物質過敏症になってしまうことも多いです。そのため、家族の健康を考えたい方は、揮発性化学物質を含まない建材を使用するようにしましょう。

 

【揮発性化学物質が含まれているもの】
揮発性有機化合物・ビニールクロス・塩化ビニール・化学接着剤・防カビ剤・防虫剤・メラミン合板など

多くの子供が苦しむアレルギー

国民の3人に1人はアレルギー性疾患を持つと言われており、増加傾向です。住環境が原因となるアレルギー性疾患には、喘息やアトピー性皮膚炎などがあります。このようなアレルギー性疾患を防止するためには、湿度を調整して結露を抑制することが大切です。

化学接着剤を使用しない無添加住宅(健康住宅)

居住空間が原因でシックハウス症候群やアレルギー性疾患になると説明しましたが、揮発性化学物質が含まれていない建材を使用することで、シックハウス症候群は防止できます。

 

無添加住宅では建材に天然素材を選ぶだけではなく、化学接着剤も使用していません。長年の研究で開発した、米糊を採用。この米糊は口に含めても害がないほど安全なものを採用しています。

 

【無添加住宅で使用される建材】
炭化コルク・漆喰・天然石・柿渋・米糊・寄せ木・天然無垢材

まとめ

今回は家族のために考えたい居住空間について解説しました。オシャレで安い新建材は便利な反面で、揮発性化学物質が含まれていることが多く、シックハウス症候群の原因となります。これらを理解した上で、素材にこだわることが大切です。もし、天然素材で注文住宅を建てたいと思われた方は、ぜひ、オノブンの家まで遊びに来てみてくださいね

 

ご来店予約はコチラから

SERVICE

SHOW ROOM

オノブンの家のお打ち合わせスタジオ

経験豊富なスタッフが、
無料でご相談を承ります

家が欲しいけど、なにから始めていいかわからない… 土地ってどうやって探したらいいの?住宅ローンって、いくら借りられるの?インテリアに興味はあるけど、何を選んでいいか…家づくりのプロが全力で対応します。オノブンの家に是非お気軽にご相談下さい。

オノブンの家のお打ち合わせスタジオ
電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK