blog

繰上返済・借り換え・条件変更!住宅ローン返済計画は見直そう!

住宅ローンも定期的に見直すことが大切です。住宅ローンの返済は長期間に及ぶため、世の中の経済状況や自分の収入状況に応じた返済方法を選びましょう。例えば、世の中の金利が大幅に下がった時に、「借り換え」や「条件変更」を検討すれば、総返済額が大幅に減少することもあります。

 

また、家計に余裕があるときに繰上返済しておけば、利息を減らすことができるのです。そのために、定期的にローン返済計画を見直しましょう。ここでは、住宅ローンの返済計画で知っておきたい「繰上返済」「借り換え」「条件変更」の特徴をご紹介します。

住宅ローンの返済方法(1)繰上返済

繰上返済は、毎月のローン返済とは別に、元金の部分を前倒しして返済することをいいます。支払うはずの利息が減るため、総返済額を抑えることができます。そのため、最も活用されているローンメンテンス方法です。しかし、小さな子供がいる場合は、教育費が予想以上にかかることが多いです。そのため、貯蓄があるからと無理をせず余裕があるときに繰上返済をしていきましょう。

 

[繰上返済がおすすめの人]

  • 返済総額を減らしたい人
  • 完済を早めたい人
  • 資金に余裕がある人

住宅ローンの返済方法(2)借り換え

借り換えとは、別の金融機関で良い条件のローンを組み、それまでのローンを一括で返済する方法をいいます。改めて審査や契約する手間が発生しますが、場合によっては、大幅にローン返済額が減らせます。

 

[借り換えがおすすめの人]

  • 現在の金利が高い人
  • 現在の金利が上昇する予定がある人

住宅ローンの返済方法(3)条件変更

条件変更は、今のローンの支払額や利率などの条件を変更することをいいます。今の条件では返済負担が大きく苦しい、世の中の金利が下がったことに応じて、ローンの利率を下げたいときに検討することが多いです。

 

[条件変更がおすすめの人]

  • 月返済額が苦しい人
  • 現在の金利が高いから低くしたい人

まとめ

今回は、住宅ローンの返済計画を見直す際に知っておきたい「繰上返済」「借り換え」「条件変更」の特徴をご紹介しました。家計の状況や、社会情勢によって、どのような返済計画を立てれば良いかが変わってきます。そのため、住宅ローンを借りたら、定期的に住宅ローンの返済計画を見直してみましょう。

また「住宅ローンを返済できるだろうか?」と不安に感じる方も少なからずいます。オノブンの家では、注文住宅のプラン相談以外にも資金計画の相談も受け付けています。ぜひ、どれぐらいの家が建てられるか気になる方は、お気軽にご相談してください。
ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK