blog

注文住宅を建てる際に「工事請負契約書」と「約款」は良く確認しよう

注文住宅のプラン内容と見積書に合意した後に、工事請負契約書を締結します。工事請負契約を締結する際は、契約書の内容を良く確認しましょう。

 

迂闊なサインは、注文住宅を建てる際のトラブルの原因となるので注意をしてください。見逃しやすいポイントを踏まえて、契約に臨みましょう。ここでは、工事請負契約書と約款のチェックポイントについて解説します。

工事請負契約書は良く確認しよう

工事請負契約とは、建物の完成を約束して、報酬を支払う約束を交わすためのものです。契約時には、工事請負契約書、請負契約約款、設計図書、工事仕様書、見積書が提出されます。1つでも足りなければ、すぐに用意してもらいましょう。これらの書類にサインすることで、契約成立となります。

書類が全て揃っていても、空欄箇所があった場合などは注意してください。気になることがあれば、その場で確認してからサインをしましょう。

工事請負契約書のチェックポイント

工事請負契約書は以下の部分を確認してみてください。

 

  • 契約時に必要な書類は揃っているか(請負契約書・契約約款・設計図書)
  • 請負代金は見積書と一致しているか
  • 契約書に工期が明記されているか
  • 支払い方法に問題がないか
  • 支払い予定日は余裕をもって設定されているか
  • ローンの種類や金利、返済計画は確認しているか
  • 契約書・契約約款は読み合わせをしたか
  • 契約書は施主と施工会社で同じものを保有できるように用意されているか

契約約款のチェックポイント

契約約款は、以下の部分を確認してみてください。

 

  • 設計図や仕様書通りではないときの施行会社の改善義務が明記されているか
  • 工事に変更や追加が生じたり、万が一、中止になったときの対処法が記載されているか
  • 建築中の家に損害が生じた場合の対処法が記されているか
  • 工事完成後に施工の欠陥が発覚したときは、修理や工事のやり直しを請求できるようになっているか
  • 工期が遅れた場合の履行遅滞違約金がどのように算出されるか

まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に締結する工事請負契約書のチェックポイントをご紹介しました。契約書の内容を理解しないまま、サインをしてしまうとトラブルの原因になります。

 

そのため、契約書は良く確認してから締結してくださいね。他にも、注文住宅で分からないことがあれば、ぜひ、オノブンの家までご相談ください。

 

宮城県栗原市で県内唯一の無添加住宅モデルハウスを完全予約制で見学予約受付中!
ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK