blog

住宅ローンでペアローンを組む場合のメリット・デメリット

住宅ローンでペアローンを組む夫婦が増えてきています。借入可能額が増えるなどのメリットも多いですが、デメリットを多いため、ペアローンを組むときは仕組みを良く理解しておくことが大切です。ここでは、ペアローンのメリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

ペアローンを組むメリット

ペアローンを組むメリットは、借入可能額が増えることです。より大きな金額が借りられるため希望に近い家が購入できます。また、夫婦各自が好きな金利を選ぶことができて、住宅ローン控除も受けることができます。

 

しかし、住宅ローン控除を受けるためには、ローンの名義人でなければいけません。そのため、夫も妻も各自の名義の銀行口座を使用することが前提条件となるので注意しましょう。

ペアローンのデメリット

ペアローンを使用すると、団体信用生命保険の効果が薄れます。例えば、夫が亡くなっても妻名義のローンがゼロになることはありません。そのため、死亡に備えるには、収入保障保険をかけましょう。また、長期間働けなくなる事態に備えるには、就業不能保険を検討してみてください。

また、ペアローンを申し込む際は、通常のローンよりも諸費用が増えることを覚悟しておきましょう。

ペアローンを組む際に加入したい保険

ペアローンのメリット・デメリットをご紹介しました。ペアローンを組む場合は、団信信用生命保険の効果が薄れてしまうため、不測の事態に備えて保険に加入しましょう。

 

・就業不能保険
重い病気や突然のケガのために、長期間働けなくなった場合の収入減少に備える保険。死亡保険と医療保険の間を埋める形で、働けない期間にあらかじめ決めた金額を毎月受け取ることができます。

 

・収入保障保険
保険期間中に死亡した場合、その時点から満期までの死亡保険金を毎月の給料と同じように受け取れる死亡保険。パートナーの死によって、いきなり月々の収入がなくなってしまうという事態に備えられます。

まとめ

今回は、住宅ローンをペアローンで組むメリット・デメリットについて解説しました。ペアローンを組めば、借入可能額が増えますが、どちらかが亡くなった場合の返済が大変になります。家計が逼迫してしまったという家庭も少なくありません。そのため、不測の事態に備えて、就業不能保険や収入保障保険に加入をしておきましょう。

住宅ローンの組み方や金利の選び方は、さまざまです。そのため、少しでも不安に感じた方は、オノブンの家にご相談しに来てくださいね。

 

宮城県栗原市で県内唯一の無添加住宅モデルハウスを完全予約制で見学予約受付中!
ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK