blog

新型コロナウイルスで住宅ローンは低金利!借り換えるべき?

預金通帳・女性

新型コロナウイルスが日本経済に大きな影響を与えながらも、住宅ローンの金利は歴史的な低水準を記録しています。契約時より金利が低いと「住宅ローンを借り換えた方が、お得なのではないか?」と思う人も多いです。しかし、金利の差だけで、住宅ローンの借り換えを検討してはいけません。ここでは、住宅ローンの借り換えのポイントについて分かりやすく解説します。

住宅ローンの借り換えに必要な手数料

住宅ローンを借り換える際には、各手続きの手数料を支払わなければいけません。そのため、手数料を支払ってでも、総返済額が安くなるかを計算しましょう。借入金額や借入期間にもよりますが、手数料は30万~80万円程度必要になります。

 

分類 手数料等
住宅ローンの新規手続き 保証料
事務手数料
印紙代
既存住宅ローンの完済手続き 全額繰上返済手数料
保証会社事務手数料
登記手続き 抵当権設定費用
抵当権抹消費用

住宅ローンを借り換える際のポイント

次に、住宅ローンを借り換える際のポイントについて解説します。

完済期間が短い場合は効果が得られにくい

金利が低いという理由で、住宅ローンの借り換えをしても、完済期間が短い場合は効果が得られにくいです。手間と時間を惜しんだにも関わらず、それほど効果を得ることができなかったという結果を招くため注意しましょう。基本的には、10年以内に住宅ローンが完済が終わる場合は、効果が得られにくいといわれています。

金利の差が1%未満の場合も効果が得られにくい

住宅ローンの借り換えで、金利の差が1%未満の場合も効果が得られにくいです。金利が0.1%低くなると総返済額が安くなると考えられがちですが、住宅ローンの借り換え手数料を支払わなければいけないため、1%未満の金利の差額だと住宅ローンを借り換えても効果が得られません。

既存の金融機関に金利の引き下げを相談してみよう

新型コロナウイルスの影響で金利が低い水準を記録していますが、契約時より金利が低いからと住宅ローンの借り換えをしても効果が得られにくいです。また、住宅ローンの借り換え審査に通過する保証もありません。このような問題を解決する方法が、既存の金融機関に対して金利の引き下げを相談することです。住宅ローンの借り換えを検討している旨を伝えれば、金融機関側も引き下げに応じてくれるでしょう。そのため、既存の金融機関に金利の引き下げを相談してみてください。

まとめ

今回は、住宅ローンの借り換えについて解説しました。契約時より金利が低くなっていると、「住宅ローンを借り換えた方がお得なのではないか?」と思う方もいます。しかし、事務手数料や保証料を支払わなければいけないため、金利が下がっていても、総返済額が逆に増えてしまうこともあります。

 

そのため、ローンの借り換えに悩んだ場合は、ファイナンシャルプランナーに方に相談をしてみてくださいね。オノブンでも、住宅ローンについてのご相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

 

宮城県栗原市で県内唯一の無添加住宅モデルハウスを完全予約制で見学予約受付中!
ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK