voice

大好きな祖母も愛猫もみんなで快適に暮らせる三世代の家!【前篇】

大好きな祖母も愛猫もみんなで快適に暮らせる三世代の家!【前篇】
お客様名
C様
施工エリア
宮城県栗原市
工事期間
約5ヶ月
費用
約2900万円(本体のみ)

オノブンの家さんとの出会い

オノブンさんとの出会いというのは、一番はじめは道路にある看板でした。
看板は道路沿いにあるので、普段から、よく見かけていました。

ある日、家に届いた無添加住宅のモデルハウス見学会のチラシを目にして、
「こんな家ステキだな~。こんな家に住んでみたいな」と思っていたことを覚えています。

そのチラシこそが、オノブンの家さんが発行したものでした。

オノブンさんのチラシを見て、一家全員で「この家カワイイ!」と感じて、見に行くことを決意しました。

その見学会で、はじめて小野寺社長とお話をしました。

新築の家を建てようと思ったきっかけ

もともと私の祖父や祖母が過ごしていた部屋が古い家のせいもあり、とても寒かったんです。

部屋の中にいるにも関わらず、祖父も祖母も厚着をしながらすごしていました。
それくらい老朽化が進んだ古い家だったので、2人のために家を新しくしようねと話していました。

ただ、そんな楽しい未来の話をしていた矢先に私の祖父は亡くなってしまいました。

だからこそ、せめてまだ元気でいてくれている祖母のために早く快適な家で生活をさせたいと思い、新しい家を建てようと決意しました。


お金の問題もしっかりフォローしてくれたオノブンさん

新築の家を建てる時に、まず気になったことは、「お金」の問題でした。

オノブンさんのモデルハウスを見学して、「とてもいい家」というのは、すぐにわかりました。
漆喰の壁や天然の素材で出来た家なので、家に入った瞬間に「空気がキレイだな」と感じました。

しかし、良い家とわかっていても、お値段も当然、その機能に見合った金額になるので、「私たちで本当に建てられるのか・・・」と不安は正直ありました。

しかし、オノブンの家さんの紹介いただいたプロのファイナンシャルプランナーさんに相談をして、親身に様々なアドバイスをしていただきました。

そのおかげで、色々と家計も見直してもらい、「これなら大丈夫です!」と太鼓判まで押していただけました。

やはりお金のプロから直接アドバイスをいただけるのは、本当に安心できるなと思いました。

新築時には多少コストはかかるが、長い目で見るとメンテナンスフリーという点はとてもありがたい

新築工事の時に決め手にもなったポイント一つは【メンテナンスフリー】という点です。

確かにローコストの家も金額的には魅力ですが、家を経てて、何年も経つと家だって傷んできます。その都度、傷んだ箇所を直すコストを考えないと将来的にお金は出ていってしまう…

そういった、目先の金額だけではなく、家を維持する【トータルコスト】までオノブンさんはしっかり教えてくれたので、多少最初はコストがかかっても、その後の費用が抑えられるのはいいなと思いました。

また無添加住宅の魅力は石や漆喰など火に強い素材で出来ているので、火事になりにくいという点もコスト以上に安心できる点でした。

祖母にも優しい段差の少ない優しい家づくりを意識

「段差をできるだけ少なくしてほしい。」

そんな風にオノブンさんにはお願いをしました。
高齢の祖母が住みやすいうように、家の中の障害物や段差などはできるだけ少なくなるようにお願いをした所、オノブンさんは心よく私たちの要望を叶えてくれました。

社長も奥様も私たちに親身になって、話を聞いてくれて、その他の私たちの困っていることや要望にも一つ一つ丁寧に対応をいただきました。


私たちの家族には化学物質にアレルギーを持つ者もいるので、無添加住宅ならではの、自然素材を多く使った家を目指してくれました。

祖母やアレルギー体質の家族にも優しい家であれば、住む人すべてにも住みやすくなるので、無添加住宅というスタイルを軸にオノブンさんの優しさでいっぱいの家づくりの姿勢にはとても感動しました。

家を建てている最中も楽しくてしょうがなかったです♪

仮住まいを近くに建てたので、家が建つ様子を近くで毎日のように見ているのがとっても楽しかったです。

仮住まいの他にも、少し離れたアパートに住む選択もあったのですが、仮住まいにして正解でした。

「壁ができたなぁ」とか「柱が立ったなぁ」と自分たちの家がどんどん出来上がっていく様子を見られたことは貴重な体験でした。


また、祖母も工事をしてくれる職人さん達と楽しくお話しながら、過ごしている姿を見れたこともなんだ嬉しかったです。

あっという間の完成!早く自分たちの家を体感したい気持ちでいっぱいです!

出来上がってきた自分たちの家を見ながら、「ここはおばあちゃんのお部屋になるんだよ~」とか、「ここには何を置こうか~」とすでに話をしています。

まだ仮住まいから、完成した家には引っ越しをしていないので、住んではないのですが、もう半分入居している気分で楽しんでいます。

出来上がった家に実際に引っ越す日を今か今かと家族全員で、すごく楽しみにしています。

祖母も、小野寺社長のことを息子のように思っているようです。
こんなステキな家を建ててくれたオノブンさんには、祖母を始め、家族一同心から感謝してます。

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK