blog

【秋に始める丁寧な暮らし】乾燥から守るスキンケア

 

空気が乾燥する秋・冬。

 

お肌が乾いてトラブルに悩まされていませんか?季節の変わり目は体調不良になりやすく、お肌も調子が悪くなりがちです。肌の乾燥を防いで、若々しい素肌をキープするためにも、秋のスキンケアはとっても大切です。

 

乾燥が気になるこの季節だからこそ、気をつけたいスキンケアのポイントをご紹介します!

 

1. 肌の乾燥とは?

そもそも乾燥肌とは、表皮の角質層の水分量が減ってしまう状態をいいます。もともと、人の肌にはうるおいを保つ保湿成分が存在していますが、夏の強い紫外線ダメージ・秋の乾燥した空気により機能が弱まることで、保湿を支える要素が不足し、肌トラブルが出てしまうのです。

 

また外的要因だけでなく、加齢や女性ホルモンの乱れによってもトラブルは起こります。食事・睡眠・適度な運動などのライフスタイルや、洗顔・クレンジング方法に気をつければ、多くの場合改善できます。(※)

 

肌の乾燥は、大人ニキビやシワの原因になります。秋に丁寧なスキンケアをはじめて、若々しく健やかなお肌を維持しましょう。

 

(※)アトピー性皮膚炎や皮脂欠乏性湿疹など、皮膚の病気や異常が認められる場合は皮膚科医などの専門医を受診し、適切な治療を受けてください。

 

2. 秋から冬にかけて気を付けたいポイント

季節が変わるタイミングは、気温の変化が激しく体調不良を引き起こしやすくなります。

 

とくに秋は低気圧と高気圧の入れ替わりが多く、自律神経が乱れがちです。そのため、肌トラブルだけでなく、頭痛やめまいなどの症状に悩まされる方も多いでしょう。さらに気温がさがると、体温の低下や血の巡りが悪くなり、お肌が生まれ変わる「ターンオーバー」が進みにくくなってしまいます。

 

乾燥肌などのトラブルを防ぐためには、いつも以上に保湿を心がけるようにしてくださいね。

 

3. 丁寧なスキンケア3つのポイント

1.洗顔

メイク汚れや老化した角質を取り除き、ターンオーバーを促進しましょう。皮膚に必要な皮脂成分などを取り除きすぎると、かえってバリア機能を低下させてしまいます。洗浄力の強すぎるクレンジング・洗顔料は使わず、ゴシゴシ強く洗わないように気をつけてください。

 

2.保湿

いつもより丁寧に化粧水や美容液をつけて、お肌にしっかりとうるおいを与えましょう。化粧水で水分をたっぷり含ませた裸、乳液やクリームなどで皮脂膜をプラスして、お肌の水分が蒸発しないように閉じ込めます。

 

3.加湿

お部屋の湿度を適量に保つようにするのも、お肌のためには大切なポイントです。暖房器具の利用で室内も乾燥しがちな秋冬でも、加湿器をつけて湿度60から65%を保てるようにしましょう。

 

まとめ

丁寧な暮らしは、スキンケアにもつながっています。お部屋の環境をととのえ、食事や運動に気を配り、健やかなライフスタイルを送りましょう。年齢を重ねても、つやつやのキレイなお肌をキープして生き生きとした暮らしを実現してくださいね。

 

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK