blog

住宅ローン「フラット35」について理解しておこう!

住宅ローンのフラット35は、最長35年まで借りられる長期固定型金利のローンです。銀行や保険会社、ノンバンクなど多くの金融機関で取り扱っていますが、基本的には35年間全期間一律の固定型です。しかし、手数料が各社で異なります。

 

そのため、フラット35の実態について良く理解した上で、どの住宅ローンを利用するか検討することをおすすめします。ここでは、フラット35の特徴について分かりやすく解説します。

金融機関によって金利は異なる

同じ金融商品でも、取り扱う金融機関で金利は異なります。金利の高い金融機関と低い金融機関では、1%の金利の差があります。なぜ、このような金利の差が出るかというと、窓口で取り扱う手数料分です。そのため、手数料の低い金融機関を選びましょう。

住宅要件は厳しく定められている

フラット35は、住宅金融支援機構による独自の技術基準に合っている物件でないと利用できません。物件対する検査は厳しく定められているので注意してください。

 

[フラット35を利用する際の住宅要件]

  • 一戸建ての場合は、住宅床面積が70㎡であること
  • 住宅の耐久性などについて、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合していること
  • 店舗や事務所と併用した住宅の場合、住宅部分の床面積が全体の1/2以上であること
  • 建設費または購入価格が1億円以下であること
  • 申込時から2年以内に完成予定で、人が住んだことがない住宅であること

人の要件は緩く定められている

フラット35は住宅要件が厳しく定められている一方で、人の要件は緩く定められています。

 

[フラット35を利用する際の人の要件]

  • 申込時の年齢が70歳未満であること
  • 安定した収入があること
  • 日本国籍をもつ人、または永住許可などを受けている外国人であること
  • 年間返済額の割合が基準を満たしていること
  • 申込者または親族が住むための住宅購入資金であること

融資リスクがないので保証料は無料

フラット35は基本的に保証料が無料です。これは、住宅金融支援機構が各金融機関からローン債権を買い取った後、それを住宅ローン担保証券にして機関投資家に売っているためです。そのため、保証人を立てる必要がなく保証料もかからなくて済むのです。

返済条件や繰り上げ返済の手数料が無料

返済方法を変えても手数料はかかりません。また、繰り上げ返済をする場合、他の住宅ローンでは手数料がかかることもありますが、フラット35は無料で何度でも利用できることが魅力となっています。

まとめ

フラット35の住宅ローンは、金融機関のローンと比較すると金利が高くなる傾向がありますが、保証料が無料で繰り上げ返済も手数料がかかりません。頭金を抑えたいという方にとって、フラット35を選ぶという選択肢もあるのです。

 

住宅ローン返済は想像以上に大変です。そのため、各ローンの特徴を理解した上で、見合うローンを選んでみてくださいね。資金計画に不安を感じる方は、オノブンの家でも資金計画の相談を受け付けているので、お気軽にご相談ください。

ご来店予約はコチラから

SERVICE

電話する

CONTACT

RESERVE

BOOK