HOME現場便り栗原市S様邸 無添加住宅新築工事 >栗原市鴬沢S様邸 ~外部工事~

栗原市鴬沢S様邸 ~外部工事~

前回の日記では内部は断熱材が入れられ、外部は透湿防水シートが張られたところまでお伝えしました。

 

今回は外部の屋根や外壁の様子をお伝えしたいと思います(*´▽`*)

 

 

まずは外部工事の屋根からお伝えします。

 

屋根材は天然石の屋根です。

 

耐候・耐久性に優れて、天然石なので長期間メンテナンスも不要なのが特徴です。

 

写真のように1枚、1枚並べていきます。

 

 

屋根工事①

 

 


屋根工事②


 

こちらは外壁部分になります。

 

外壁には炭化コルク+しっくいを塗ります。

 

炭化(たんか)コルクとはあまり聞かない名前ですよね?

 

 

炭化コルクとは・・・商品にならないバージコルクや、ワインのコルクをつくった残りを廃物利用し、蒸し焼きにして炭にしたものです。

 

炭化されることで濡れても腐らず、断熱・調湿・吸音・防振・防ダニ・防カビ・防水・防火性が高い、優れた万能資材なんです(*^-^*)

 

炭化コルク①


 

 

炭化コルク②


 

 こちらは内部の写真になります。

 

内部工事は断熱材の上から気密シートを張っているところです。

 

 

気密シートの役割は字のごとく、部屋から発生する湿度を遮断し、気密性を上げて断熱材を効果よく効かせるためのものになります。

気密シート①

気密シート②

関連の現場便りを見る