電気・内装下地

本日も引き続き電気工事と内装下地工事です。

電気-1

壁内の配線です。

 

仕上がりの壁を、スッキリ納めるには配線

を壁の中を通す必要がありますが、

 写真のようにボードを張ると塞がれる邪魔

な梁など様々な障害物があります。

 

きれいな仕上がりのため、上手にケーブルを通しています(∩´∀`)∩

電気-2

ロフトの床下の配線です。

 

ロフト下の照明の配線ですが、ロフト下の天井が仕上がり照明器具を取付ける際、短くならないように長めに残します。

 

作業の邪魔にならないようにきれいに丸めてあります。

内装下地-1

写真は寝室の天井です。

 

天井にはアクリアと呼ばれるグラスウールを隙間なく敷き詰めます。

 

一般的なグラスウールは100ミリほどの厚さですが、今回使用する断熱材は155ミリの厚さのものを使用します(●´ω`●)

 

内装下地-4

カーテンレールの下地になります。

 

デザイン性のある装飾レールを取付ける場合には、通常の機能性レールとは違い、取付金具の位置が変わる場合があります。

 

どのようなレールでも取り付けられるように大きめに下地を入れています

関連の現場便りを見る