HOME現場便り栗原市H様邸 無添加住宅新築工事 >炭化(たんか)コルク

炭化(たんか)コルク

無添加住宅特有の、炭化コルクの工事になります。

 

 

 

『コルク』と聞いて何を想像しますか?

 

 

 

そう、ワインの栓として使用されているコルクです

 

 

あのコルクを無添加住宅では外壁の下地材として使用します。

 

 

あのコルクがどう加工されて、外壁の下地に使われるか気になりますよね?

 

 

現場からの様子をお伝えします

 

 

 

 

 

 

炭化コルク-1

いよいよ外壁下地の炭化コルクの工事が、始まりました。

 

炭化コルクはコルクの粒を熱すると、自らの出す樹液で接着し、それを板状にスライスして、製品になります。

 

一般的な外壁材とは違い、化学接着剤一切使っておりません

 

 

 

 

 

 

 

炭化コルクの特徴

◎原料のコルクは、木の皮をはいでも 数年で、元に戻る

 

断熱効果を得られる。

 

消臭効果がある。

 

除菌効果がある。

 

◎廃棄後自然に返る

 

 

 

 

 

炭化コルク-2