HOME現場便り栗原市H様邸 無添加住宅新築工事 >透湿防水紙と電気工事

透湿防水紙と電気工事

透湿防水紙と、電気の工事です。

透湿防水紙-2

無添加住宅では外壁の多くが漆喰(

しっくい)の塗り壁で、つなぎ目が有りませんが、万が一雨水が入り込んだとしても、このシートで中に入らないようにします。

 

この白いシートの正体は・・・

『透湿防水シート』

①建物外部からの雨水の侵入を防止する防水性

②壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性

 

このような機能を兼ね備えています!

電気-1

壁が出来る前の電気工事。

 

壁が出来てしまうと、スイッチやコンセントボックス取付、配線ができないため、先に取付ます。

 

施主様にもこの段階で、使い勝手や足りないところを、確認して頂きます。

電気-2

スイッチ コンセント部の気密処理。

 

外壁に面した壁では、外の冷気や熱気が入りやすい為、専用のカバーを取り付けて、気密を保ちます。

関連の現場便りを見る